主な犯罪の不起訴率

犯罪白書から主な犯罪の不起訴率をまとめました。
犯罪白書はこちら

[PR]
刑事事件アーク東京

罪名別の不起訴率

罪名別の不起訴率は下記の通りです。

強盗の不起訴率:26%
傷害の不起訴率:35%
暴行の不起訴率:53%
窃盗の不起訴率:36%
詐欺の不起訴率:33%
恐喝の不起訴率:36%
横領の不起訴率:32%
強姦の不起訴率:43%
強制わいせつの不起訴率:40%
公然わいせつの不起訴率:20%
覚せい剤取締法の不起訴率:17%
大麻取締法の不起訴率:37%
売春防止法の不起訴率:37%

親告罪の不起訴率

上記の罪名別の不起訴率を見ると、意外と強姦や強制わいせつの不起訴率が高いことがわかります。

強姦や強制わいせつは、被害者の告訴が必要な親告罪となります。
ですから、示談などが成立し、被害者からの告訴を取消てもらえば、不起訴となることが可能です。

実際、不起訴となった半数以上が告訴の欠如、取消が理由となっています。

不起訴とは

不起訴には、起訴猶予とその他の不起訴がありますが、不起訴の90%以上は起訴猶予です。

起訴猶予とは、被害者との示談も成立しており、被疑者も犯罪を犯したことを反省している。
という理由で、起訴しません。というものです。

不起訴ですから前科もつきません。
詳細は、不起訴とはをご参照ください。

刑事事件を相談できる法律事務所のご案内

刑事事件を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

刑事事件の弁護士費用関連ページ

このページの先頭へ