刑事事件の弁護士費用計算フォーム

刑事事件で起訴前に弁護士に依頼した際の弁護士費用の計算になります。
示談交渉を弁護士にお願いするか、勾留執行停止を依頼するかなど項目別に入力欄をわけています。
注意事項を見ながらひとつずつ項目を埋めていって計算してください。
弁護士費用は自由価格です。ひとつの目安として参考にしてください。
自動計算する際は、Javaスクリプトを有効にしてご利用ください。

[PR]
刑事事件アーク東京

弁護士費用計算フォーム

これは、不起訴になった場合の自動計算です。
起訴された場合は、こちらで試算ください。起訴前・起訴の自動計算

入力項目 金額
起訴前の勾留中の事案に対する着手金(※1)
示談交渉を依頼するときの着手金(※2)
示談交渉成功の報酬金(※3)
勾留執行停止を依頼する際の着手金(※4)
勾留執行停止の報酬金(※5)
起訴前の勾留中の事案が不起訴の場合の報酬金(※6)
接見などの日当(時間計算の場合)(※7)
(1時間の金額)×時間
接見などの日当(回数計算の場合)(※8)
(1回の金額)×
弁護士費用合計

(※1)起訴前の事案に対する着手金の相場は、30万~40万円前後のようです。以前の報酬会規では、30万円以上50万円以下でしたので、その基準からすると上限が若干安くなっているようです。
ただし、事案の複雑さなどにより増額されることもあります。

(※2)上記※1の弁護活動の一環として、示談交渉の着手金は発生しない弁護士事務所が多いようです。 着手金が発生しても、10万円~20万円が相場のようです。

(※3)示談交渉が成功した場合の報酬金ですが、 上記※1の弁護活動の一環として、示談交渉の報酬金は発生しない弁護士事務所と発生する事務所まちまちです。
報酬金が発生したとしても、10万円~20万円が相場のようです。

(※4)これも先の示談交渉と同じで、 着手金が発生する弁護士事務所と委任された事案であれば着手金が発生しない弁護士事務所と様々です。
着手金が発生しても、10万円~20万円が相場のようです。

(※5)上記※4の成果として身柄が解放された場合に発生する報酬金です。
これは発生する弁護士事務所がほとんどです。相場としては10万円~20万円が多いです。

(※6)上記※1の事案が不起訴となった場合に発生する報酬金です。
相場としては、着手金と同額程度の30万円~40万円前後くらいが多いようです。

(※7)接見などの日当です。1時間1万円が相場です。 それにかかった時間をかけて日当を計算します。

(※8)接見などの日当です。時間で計算するのではなく、 1回いくらという場合に利用してください。1回2万円が多いようです。

比較的相場に近いケース

示談交渉などその都度、着手金が発生しないケースで相場程度と仮定すると、
弁護士費用は総額70万円程度になります。

内訳は下記の通りです。 起訴前の勾留中の事案に対する着手金(※1)、30万円
示談交渉を依頼するときの着手金(※2)、発生しない(0円)
示談交渉成功の報酬金(※3)、発生しない(0円)
勾留執行停止を依頼する際の着手金(※4)、発生しない(0円)
勾留執行停止の報酬金(※5)、10万円
起訴前の勾留中の事案が不起訴の場合の報酬金(※6)、30万円
接見などの日当(時間計算の場合)(※7)、発生しない(0円)
接見などの日当(回数計算の場合)(※8)、発生しない(0円)

刑事事件を相談できる法律事務所のご案内

刑事事件を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

刑事事件の弁護士費用関連ページ

このページの先頭へ