報酬金(成功報酬)とは

報酬金は、結果の成功の程度に応じて支払う弁護士費用です。
例えば、離婚なら離婚成立、刑事事件なら不起訴獲得などで発生します。
どのような結果であればいくらの報酬金になるのか、想定される結果に対する報酬金の額を事前に弁護士に確認しておきましょう。

報酬金の相場

報酬金は、成功の度合いによって異なります。
また報酬金は多くの事務所で着手金を基準に決定されることがあります。
一般に着手金が高ければ難しい案件ということで、報酬金も高くなります。
さまざまなケースで報酬金の額は変わることがありますので、ここで紹介する相場は、あくまで標準的な場合とお考えください。

離婚の場合

離婚が成立した場合には、着手金と同額程度の報酬金を支払う場合が多く、20~30万円になります。
ただし、財産分与や慰謝料、養育費などの額によって報酬金は増額されます。
詳しくは離婚のページをご覧ください。

刑事事件の場合

刑事事件の報酬金の相場は、30~40万円になります。
ただし成功の度合いによって報酬金の額も変わります。
例えば、起訴前で不起訴なら着手金の100%、刑事裁判では執行猶予なら着手金の100%、減刑なら80%など、 それぞれの法律事務所で規程されていますので、弁護士にご確認ください。
また刑事事件の場合、勾留阻止、示談、保釈などさまざまな弁護活動がありますので、 その都度、報酬金を支払うことも考えられます。
その点も弁護士にご確認ください。
詳しくは刑事事件のページをご覧ください。

民事訴訟の場合

民事訴訟の場合は、相手といくらで決着したかによって報酬金の額が変わります。
それぞれの弁護士事務所で、300万円以下の場合は、報酬金16%など規程が決められていますので、 あなたのケースの場合、報酬金がいくらになるか弁護士に確認してください。
詳しくは民事訴訟のページをご覧ください。

相談できる法律事務所のご案内

相談できる法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

弁護士費用の基礎関連ページ

弁護士費用の基礎に関する下記ページもご参照ください。

【弁護士費用の基礎関連ページ】
弁護士費用の基礎TOPへ戻る
着手金
成功報酬(報酬金)
解決していないのに成功報酬が請求される場合
経済的利益の額
日当
タイムチャージ
法律相談の費用
委任契約書とは
無料見積もり
法律相談料と法律相談で気を付けること
日本一高い東京の弁護士費用
法律事務所のご案内

※弁護士費用.comは2010/02/25より弁護士費用の相場をわかりやすく教えるためのサイトとして、弁護士費用研究家の遠藤啓慈が運営しています。

よろしければ下記のGoogle+をフォローしてください。更新情報を入手することができます。

このページの先頭へ