交通事故に強い弁護士と保険会社との交渉力

交通事故の損害賠償額には、自賠責基準、任意保険基準、裁判基準の3つがあることは、交通事故ではなぜ着手金無料なのかのページで解説しました。

保険会社から提示される額が任意保険基準であれば、弁護士が介入し裁判基準で交渉すれば、示談金(損害賠償額)の増額はかなりの確率で獲得できます。

ですから、賠償額の増額をもって「交通事故に強い弁護士」といえるかどうかは少し疑問に思いますが、その対応がほかの弁護士事務所よりもすばやかったらどうでしょう。

他の弁護士事務所よりも交通事故の処理能力が高いことになるかもしれません。 そういう面ではその弁護士は「交通事故に強い弁護士」といえるかもしれません。

しかし、一般に「交通事故に強い弁護士」といえば、保険会社との交渉力が高い弁護士をいうと思いますので、裁判基準で請求するといった能力をイメージすることは少ないと思います。

過失割合の交渉で考える交通事故に強い弁護士

交通事故では過失割合の交渉があります。

この交渉力で交通事故に強い弁護士かどうかを判断できることもあります。

弁護士事務所の解決事例を見れば、過失割合を争った裁判をしたことが書かれていることもありますし、そもそも依頼する段階で、過失割合の交渉や訴訟に前向きかどうか、 または、その説明が論理的かどうかで、この弁護士は裁判基準で請求することしかできない弁護士なのか、過失割合とかも交渉できる能力がある弁護士なのかもわかるかと思います。

交渉の方法はさまざまですが、簡単な事務処理程度しかできない法律事務所なのか、担当の弁護士が様々な角度から検討してくれるのかで印象は異なると思います。
弁護士は依頼者の利益を最優先に考えます。
以下では、後遺症認定、等級争いなどで交通事故に強い弁護士かどうかを考えてみます

後遺症認定、等級争いで考える交通事故に強い弁護士

交通事故の交渉には等級争いもあります。

等級非該当と等級が認められるのでは損賠賠償額に差が出てきます。
ですから等級争いも「交通事故に強い弁護士」かどうかのひとつの尺度になるかと思います。

これも訴訟につながることですので、訴訟に消極的な弁護士事務所ではなかなか難しいかと思います。

また高額な賠償額になるとそもそもの賠償額が高額になりますので、わずかな差が数百万円にもなることもありますので、弁護士は慎重に選ばれることをお勧めします。

交通事故の弁護士事務所もいろいろ

このサイトでも何度か説明していますが、弁護士事務所もいろいろです。

特に交通事故はいままで説明してきたように裁判基準で交渉を進めれば、そもそもの保険会社の提示額が少なければ満額はきついかもしれませんが、かなりの確率で増額できます。

ですから、そのような交通事故の事件を数多く受任し、保険会社との交渉をスピーディーに処理し、弁護士報酬を獲得することをメインとしている弁護士事務所があります。

その一方で、そのような交通事故よりも後遺障害等級争いや過失割合の争いなど、比較的面倒な事件を引き受け、一件の事件処理には時間はかかるがその反面、弁護士報酬も高額になるような交通事故をメインとしている弁護士事務所もあります。

どちらの弁護士事務所が交通事故に強い弁護士かどうかは、結局のところ、その依頼者の状況によります。

争点が、任意保険基準の賠償額提示であれば、前述の弁護士事務所が得意とするところでしょうし、等級が争うの中心であれば、後述の弁護士事務所が得意とするところです。

自分はどれに当てはまるのかは、一般市民にはわかりずらいかと思いますが、腕が動かなくなったなど、けがの状況でおおよその判断はできるかと思います。

自分がどちらにあたるのかわからない場合には、ネットですぐに両方のタイプの法律事務所が見つかりますので、両方のタイプの弁護士事務所に相談してみればよいと思います。

交通事故問題を相談できる法律事務所のご案内

交通事故問題を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

交通事故の弁護士費用の関連ページ

このページの先頭へ