自由化された弁護士費用を考えるレポート

この項目では、一般の方にはもちろん弁護士の方にも有益になる弁護士費用に関する様々なレポートを掲載していきます。

弁護士費用は自由化し、様々な体系の弁護士費用が生まれてきています。
それを整理し、少しでもわかりやすく解説したいと思います。

レポート一覧

弁護士会の検索順位
Googleのアルゴリズムの変更により、弁護士のホームページに大きな変化がありました。
そこで全国の52の弁護士会の検索順位を調査しました。
※調査日:調査日:2017年3月28日

示談金が100万円以下の場合

示談金(慰謝料、損害賠償額、和解金、回収金など)が100万円以下の場合の弁護士費用に関して、 5つの弁護士用の計算方法でシミュレーションし高いか安いか、現実的にどの程度の示談金から弁護士に相談すべきかなどを解説しています。

示談金が100万円から500万円の場合

示談金(慰謝料、損害賠償額、和解金、回収金など)が100万円から500万円の場合の弁護士費用に関して、 5つの弁護士用の計算方法でシミュレーションし高いか安いか、現実的にどの程度の示談金から弁護士に相談すべきかなどを解説しています。

※弁護士費用.comは2010/02/25より弁護士費用の相場をわかりやすく教えるためのサイトとして、弁護士費用研究家の遠藤啓慈が運営しています。

よろしければ下記のGoogle+をフォローしてください。更新情報を入手することができます。

このページの先頭へ