旧報酬規定タイプの相続弁護士費用の自動計算

相続問題の旧報酬規定をベースにした弁護士費用自動計算のページです。
着手金固定型の新タイプの自動計算は「新タイプの相続弁護士費用の自動計算」をご覧ください。

空欄にあなたが争っている相続額を入力し『計算する』のボタンをクリックしてください。 自動で相続問題の旧報酬規定ベースの弁護士費用が計算されます

相続額とは、あなたが請求している遺産分割額、もしくはあなたが獲得できるであろう遺産分割額のことです。

例えば、遺産総額が1億円で兄弟二人で争っている場合、法定相続分は5000万円ずつとなりますので5000万円が相続額となります。

弁護士費用は自由価格です。ですので、ここでの弁護士費用は目安として参考にしてください。
自動計算する際は、Javaスクリプトを有効にしてご利用ください。

[PR]
相続ネクスパート

旧報酬規定タイプの自動計算フォーム

入力項目 弁護士費用
相続額(※1)
着手金:
報酬金:
弁護士費用合計

(※1) 相続額とは、あなたが請求している遺産分割額、もしくはあなたが獲得できるであろう遺産分割額のことです。

相続額に基づく着手金、報酬金の計算方法

相続額に基づく着手金、報酬金の計算方法は以下の通りで、ここでの計算方法は旧弁護士報酬規定を基準にしています。

相続額 着手金 報酬金
300万円以下の部分 8% 16%
300万円を超え
3,000万円以下の部分
5% 10%
3,000万円を超え
3億円以下の部分
3% 6%
3億円を超え部分 2% 4%
※2.着手金は10万円を最低額とする。

相続額が1000万円の場合
※3.最初の300万円までは着手金8%、報酬金16%で計算
300万円×8% or 16%=24万円 or 48万円
※4.300万円から1000万円までは着手金5%、報酬金10%で計算
(1000万円-300万円)×5% or 10%=35万円 or 70万円

※3と※4の合計で着手金:59万円、報酬金:118万円、弁護士費用の合計は、177万円となります。

相続問題を相談できる法律事務所のご案内

相続問題を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

相続問題関連ページ一覧

このページの先頭へ