不倫慰謝料の請求では、請求額300万円に対し、判決額が100万円ということがごく普通にあります。
そこで、不倫慰謝料の裁判における請求額と判決額の違いを調べてみました。

※裁判での決定額は認容額(にんようがく)といわれますが、一般の方にもなじみの判決額という単語を使っています。
また、私の調べた範囲での結果ですので、全ての判例に基づくというものではありません。その点、ご了承願います。

[PR]
ネクスパート不倫慰謝料減額

夫の不倫相手の女に請求、離婚せず同居の判例

妻が夫の不倫相手の女に慰謝料を請求した場合の判例になります。
夫婦は離婚せず同居している場合です。
不倫相手の女への請求1

下記の表の通り判決額は請求額の20%から33%となっています。
逆にいえば、請求額は判決額の3倍から5倍といえます。
このように不倫の慰謝料請求においては、ふっかけて請求するのが一般的です。
不倫慰謝料の請求額と判決額1

[PR]
キャリア25年以上の弁護士・川合晋太郎法律事務所

妻の不倫相手の男に請求、離婚せず同居の判例

夫が妻の不倫相手の男に慰謝料を請求した場合の判例になります。
こちらも離婚せず同居しています。
不倫相手の男への請求1
不倫慰謝料の請求額と判決額2
不倫相手の男へ請求する場合は、請求額が高額になる傾向があります。
これは不倫において女性より男性の方が積極的な役割を果たしていることが多く、また男性の方が資力があり、慰謝料が増額される要因があるためかと思います。

しかし判決額は100万円、150万円と請求額の10%~33%となっています。




夫の不倫相手の女に請求、破綻別居の判例

不倫が理由で実質的に婚姻関係が破たん状態となり別居しているケースで、夫の不倫相手への慰謝料請求の例です。
不倫相手への請求2
請求額と判決額4
判決額は請求額の20%から33%となっています。
請求額は増えているものの、判決額も増加しており、離婚していないケースとほぼ同じ結果となりました。




妻の不倫相手の男に請求、破綻別居の判例

不倫が理由で婚姻関係が破たんし、離婚調停中などで離婚はまだしていないもの別居状態になった場合で、妻の不倫相手の男への慰謝料請求の例です。
破たん状態1
請求額と判決額3

このケースでも不倫相手の男への請求の場合、そもそも請求額が高くなることが多く、判決額は請求額の15%から60%となっています。




元夫の不倫相手の女に請求、離婚の判例

離婚して元夫の不倫相手に請求した例です。
離婚で請求1
請求額と判決額5
離婚したケースの場合、判決額も高額になり、判決額は請求額の33%から70%とあがってきています。




元妻の不倫相手の男に請求、離婚の判例

元妻の不倫相手への慰謝料請求の例です。
離婚後請求2
請求額と判決額6
男の場合も離婚した場合は判決額は高額になりますが、男の場合1000万円請求というのが多々あり、請求額と判決額の差が大きく開くケースがみられます。




離婚裁判などで妻が配偶者に請求した判例

今までは不倫相手への慰謝料請求の例でしたが、最後は妻が離婚する際に不倫した夫に慰謝料を請求した例になります。
夫に請求
夫に請求した例
この例が最も慰謝料の額は高く、また請求額と判決額の開きも60%、67%と小さかったです。

不倫しても離婚しないという場合は別ですが、不倫の慰謝料請求は離婚の際に夫に請求するのが効果的かと思いました。

不倫の慰謝料には相場があります。
不倫の慰謝料の相場」のページもご参照ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。




不倫問題を相談できる法律事務所のご案内

不倫問題を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

不倫慰謝料の弁護士費用関連ページ

 不倫慰謝料請求の弁護士費用の相場トップ
 不倫慰謝料の相場
 不倫の慰謝料請求に強い弁護士とは
 不倫とは、不倫の定義
 不倫は共同不法行為!
 不倫の慰謝料の相場は思ったほど高くない!
 不倫慰謝料の請求額と判決額(認容額)
 不倫の慰謝料請求、相手はどれぐらいふっかけてくるか
 不倫慰謝料請求の内容証明郵便に書かれていること
 不倫裁判で100万勝ち取るより50万で和解した方が得な場合
 23の裁判例に基づく不倫の慰謝料の相場と慰謝料が増減されるケース
 W不倫の裁判の結末と危険性
 不倫しても財産分与は半分
 不倫と求償権
 不倫の慰謝料と税金
 不倫問題を扱う法律事務所のご案内