不倫の慰謝料請求に強い弁護士とは、配偶者の不倫相手から多額の慰謝料を獲得してくれる弁護士のことだと思います。

不倫したことの代償を払わせ、あなたの配偶者と二度と不倫しないと誓約書を書かせることができる、そんな弁護士が不倫に強い弁護士ではないでしょうか。

弁護士が代理人となった場合の不倫弁護の場合、和解文書の中の条文に「二度と不倫しない」という文章は入りますので、このページでは、どのような場合に多額の不倫慰謝料が獲得できるかを解説します。

多額の慰謝料を獲得できたケース

不倫の慰謝料の相場は、「不倫慰謝料の相場」でも解説している通り、離婚していなければ50~100万円、不倫が原因で離婚したとしても100万円~300万円程度です。

しかし私の知っているケースでは、妻と離婚していないのに妻の不倫相手から不倫慰謝料500万円を獲得したというものがあります。

離婚していないわけですから不倫の慰謝料の相場は高くても100万円ほどです。

それが相場の5倍もの500万円も獲得できた、ということが現実にあるのです。

ではどうしてそのようなことが起こるのか、お教えしたいと思います。

多額の慰謝料を獲得できる請求方法

弁護士が不倫の慰謝料を請求する方法にも様々あります。

一番オーソドックスなのが、慰謝料を請求する相手に郵便を送ることです。

内容証明郵便にするかどうかは別として「不倫慰謝料請求の内容証明郵便に書かれていること」で説明しているようなことが書かれてあります。

しかしこの方法では、相場よりも多額の慰謝料が獲得できた、という話はあまり聞きません。

私の知っているケースで多額の不倫慰謝料を獲得できたものは、弁護士が電話で慰謝料請求した場合です。

なぜ電話での請求なのか

では、どうして電話で請求した方が多額の不倫慰謝料を獲得できるのかを説明します。

離婚していない場合、不倫の慰謝料は多くて100万円、相手に弁護士が付いてしまうとせいぜい50万円ほどです。

しかし、相手が学校の校長、議員、医者、イメージを大事にする芸能人、高所得者で家庭を壊したくないなど、不倫の事実を知られたくないと思っているならどうでしょう。

相手が払えない額ならばどうしようもないですが、相手がだせる額ならばそれが相場よりも高くても意外と払ってくれるケースがあるのです。

そのためには、秘密裏に不倫の慰謝料請求の交渉を進めなければなりません。

内容証明郵便など家に郵送したら、妻に不倫の事実がバレる可能性が高くなります。

職場への電話も職場内で不倫を知られてしまう可能性が高くなります。

ですから、秘密裏に不倫の慰謝料請求の交渉を進めなければならない弁護士は、直接相手の携帯に電話をかけて慰謝料を請求する方法をとります。

脅迫にならないか

不倫の慰謝料請求は、アメリカやヨーロッパでは認められていない州や国が多いですが、日本の法律では認められている行為です。

ですから、配偶者の不倫相手に慰謝料は請求できるのですが、一般の方が請求するとやりすぎて脅迫罪で逮捕された。ということもあります。

電話での請求もそうです。電話での請求だと手紙と違い証拠が残らないだろうとヒートアップして「お前の家に乗り込んでもいいんだぞ」などと脅迫めいたことを口走ってしまいます。

弁護士なら慎重にことを運びます。もちろん電話の内容は録音してあとで揉めないようにします。

弁護士費用はかかってしまいますが、不倫の慰謝料請求に強い弁護士に依頼することをおススメします。

相手の携帯番号がわからない場合

配偶者の不倫相手の勤め先はわかるが、住所や携帯番号はわからないということも多くあります。

ただし不倫をしている配偶者は不倫相手と連絡をとっているわけですので、ラインやメールで相手に連絡をとる方法を選択します。

どうしてもわからない場合には、職場に連絡することになりますが、その場合も周りに気付かれないように慎重に進めます。

これが不倫の慰謝料請求に強い弁護士が多額の慰謝料を獲得する方法です。

もっともこの方法は、不倫相手が家庭や職場に知られたくないと思っている場合に有効で、職場や家庭に知られてもよいと思っている場合には効果はありません。

ですから弁護士は、相手が職場や家庭に知られてもよいと開き直らないように、職場や家庭に知られた場合のデメリットを強く相手に意識させるような交渉の進め方をします。

以上が「不倫の慰謝料請求に強い弁護士」に関する解説です。

この情報が不倫の慰謝料請求で弁護士を探しているあなたの参考に少しでもなれば幸いです。