基本的に不倫の慰謝料に税金がかかることはありません。

慰謝料とは精神的苦痛に対する損害賠償金となります。

ですから、慰謝料を受け取ることによって利益が生じるわけではありません。

利益が生じるわけではないので、税金はかからないということです。

このページでは、不倫の慰謝料に税金はかかるのか? 不倫の慰謝料と税金に関して解説しています。

[PR]
ネクスパート不倫慰謝料減額

不倫の慰謝料に税金がかかる場合も

不倫の慰謝料がいくらでも税金がかからないというわけではありません。

社会通念上あまりにも過大と判断される場合は、超過分に対して贈与税がかかることもあります。

不倫の慰謝料の相場は、離婚していない場合で50万円から100万円、離婚している場合は100万円から300万円となります。

ですから、この金額以下では問題と思われます。

また、弁護士の不倫慰謝料の解決事例などをみていると500万円獲得、1000万円獲得なども見受けられますので、その程度でも社会通念上を超えるということはないように思います。

弁護士に委任した方がよい理由

個人と個人で慰謝料のやりとりをすると、それが相場内のときは問題ないと思いますが、その金額が相場を超える場合、その妥当性が問題となることがあります。

ですから、慰謝料請求などの場合、弁護士を通して交渉した方がよいかと思います。

[PR]
キャリア25年以上の弁護士・川合晋太郎法律事務所

不倫問題を相談できる法律事務所のご案内

不倫問題を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

不倫慰謝料の弁護士費用関連ページ

 不倫慰謝料請求の弁護士費用の相場トップ
 不倫慰謝料の相場
 不倫の慰謝料請求に強い弁護士とは
 不倫とは、不倫の定義
 不倫は共同不法行為!
 不倫の慰謝料の相場は思ったほど高くない!
 不倫慰謝料の請求額と判決額(認容額)
 不倫の慰謝料請求、相手はどれぐらいふっかけてくるか
 不倫慰謝料請求の内容証明郵便に書かれていること
 不倫裁判で100万勝ち取るより50万で和解した方が得な場合
 23の裁判例に基づく不倫の慰謝料の相場と慰謝料が増減されるケース
 W不倫の裁判の結末と危険性
 不倫しても財産分与は半分
 不倫と求償権
 不倫の慰謝料と税金
 不倫問題を扱う法律事務所のご案内