不倫は共同不法行為

不倫は相手がいてはじめて相手と共に行うことができる行為ですので、共同不法行為になります。

共同不法行為ですから、慰謝料も共同して負うことになるのですが、不倫の被害者は、慰謝料をどちらか一方にだけ請求することができます。

例えば、夫のAさんと不倫相手のB子さんの不倫で、Aさんの妻Cさんが精神的被害をおい、その慰謝料が仮に300万円とした場合
妻のCさんは、夫には慰謝料を請求せず、夫の不倫相手のB子さんにだけ慰謝料の全額である300万円を請求することができます。

また逆に、不倫相手のB子さんには請求せず、夫のAさんにだけ慰謝料の全額300万円を請求することもできます。
さらに、夫のAさんに150万円、不倫相手のB子さんに150万円を請求することも可能です。

つまり、不倫の被害者である妻のCさんは、慰謝料300万円をどのように配分して請求してもよいのです。


[PR]
離婚ネクスパート

共同不法行為でも倍の慰謝料はもらえません

先の例では、慰謝料300万円を夫のAさんにだけ、または不倫相手のB子さんにだけ請求してもよいと書きました。
しかし、AさんとB子さん両方に300万円を請求し、両方から300万円を受け取ることはできません。

両方から300万円を受け取ると精神的被害の300万円を超えることになるので、
仮に夫のAさんが慰謝料300万円を払えば、B子さんは慰謝料を支払う必要はなくなります。
逆にB子さんが300万円を払えば、夫のAさんは慰謝料を払う必要がなくなります。

このように、精神的被害である慰謝料300万円を超えてもらうことはできないのです。




不倫相手からだけ慰謝料をもらうことは可能か

不倫は共同不法行為ですので、不倫相手にだけ慰謝料を請求することが可能です。
先の例でも、夫には慰謝料を請求せず、不倫相手のB子さんにだけ慰謝料を請求し続け、
精神的被害の全額を得れば不倫相手からだけ慰謝料をもらうことは可能です。

ただし、夫から慰謝料を受け取ってしまうと、その分は不倫相手の負担額が減ってしまいますので、
徹底して不倫相手だけに請求することが必要かと思います。




不倫問題を相談できる法律事務所のご案内

不倫問題を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

不倫の弁護士費用関連ページ

 不倫の弁護士費用の相場
 不倫慰謝料の相場
 不倫とは、不倫の定義
 不倫は共同不法行為
 不倫しても財産分与は半分