このページではW不倫で裁判になった場合の結末と、W不倫の場合の慰謝料請求の危険性に関して解説しています。




W不倫の裁判結末を動画で説明

W不倫とは

W不倫とは、既婚者同士が不倫している状態をいいます。




W不倫の裁判の「甲事件と乙事件」

W不倫の裁判例を基に、W不倫の裁判がどのようになるかを解説します。

この裁判では、まず初めに、不倫相手の夫が妻の不倫相手に慰謝料300万円を請求する裁判を起こしました。

これを甲事件として裁判が進められました。

すると今度は、不倫相手の妻が夫の不倫相手に慰謝料400万円を請求する裁判を起こしました。
そしてこれを乙事件として裁判が同時に進められることとなりました。




W不倫の裁判では相手が反撃してくる

上記のようにW不倫でどちらの夫婦も離婚していない場合の裁判では、相手が不倫の慰謝料を請求してくると、請求された側の配偶者が逆襲に出てくることがよくあります。

そして結果的に下図のように、お互い不倫の慰謝料を請求し合う状態になるのです。

W不倫の裁判結果

この裁判の判決は、下記のようになりました。

裁判結果:甲事件
甲事件本訴被告は,甲事件本訴原告に対し,150万円を支払え

裁判結果:乙事件
乙事件本訴被告は,乙事件本訴原告に対し,150万円を支払え

つまり、お互いそれぞれ150万円支払うということで決着したのです。

W不倫の裁判の場合、私の確認したケースでは、判決はこのように甲事件・乙事件、どちらも同じ金額になることが多いです。

夫婦の財布は一緒と考えると、裁判結果は下記の図のようになります。

つまり、甲夫婦も乙夫婦も150万円支払い150万円獲得できたということで、
「プラスマイナスゼロ」
となります。

W不倫の弁護士費用

慰謝料だけを考えるとプラスマイナスゼロかもしれませんが、それにかかった弁護士費用を加えると話は大きく異なります。

仮に不倫の慰謝料請求の弁護士費用を相場並みの「着手金:20万円、報酬金:獲得額・減額の20%」とすると、今回の裁判にかかった弁護士費用は、甲・乙の夫婦それぞれ下記のようになります。

甲夫婦
請求獲得の弁護士費用:50万円
(150万円獲得)
請求減額の弁護士費用:70万円 ▲120万円
(400万円を150万円に250万円減額)

乙夫婦
請求獲得の弁護士費用:50万円
(150万円獲得)
請求減額の弁護士費用:50万円 ▲100万円
(300万円を150万円に150万円減額)

つまり、裁判結果はプラスマイナスゼロでも、弁護士費用を加味すると、甲夫婦で120万円の損、乙夫婦で100万円の損となるのです。

W不倫の慰謝料請求に弁護士が慎重になる理由

上記のようにW不倫の場合、お互いに訴訟合戦となると、依頼者は損をする可能性が高くなるため、W不倫の慰謝料請求に弁護士は慎重になります。

逆に、その危険性を相談者に伝えず、安易に依頼を引き受けようとする弁護士には注意した方がよいです。

このページではW不倫の裁判の結末と危険性について解説しました。

弁護士選びは慎重にお願いいたします。

不倫問題を相談できる法律事務所のご案内

不倫問題を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

不倫の弁護士費用関連ページ

 不倫の弁護士費用の相場
 不倫慰謝料の相場
 不倫の慰謝料請求に強い弁護士とは
 不倫とは、不倫の定義
 不倫は共同不法行為!
 不倫の慰謝料の相場は思ったほど高くない!
 不倫慰謝料の請求額と判決額(認容額)
 不倫の慰謝料請求、相手はどれぐらいふっかけてくるか
 不倫慰謝料請求の内容証明郵便に書かれていること
 不倫裁判で100万勝ち取るより50万で和解した方が得な場合
 100以上の判例からわかった不倫慰謝料が増減するケース
 W不倫の裁判の結末と危険性
 不倫しても財産分与は半分
 不倫と求償権
 不倫の慰謝料と税金