治療費を解決事例に含める?

ある法律事務所の交通事故の解決事例を見ていると、B社はA社と比較して少しずつ高いのがわかりました。

そこで詳細に比べてみると、A社が損害賠償金額として掲載している項目は「入通院慰謝料」+「後遺障害慰謝料」+「後遺症逸失利益」の3点でしたが、B社は、A社の項目に「治療費」がプラスされていました。

つまり解決事例の獲得損害賠償額に「治療費」もプラスしているので、B社はA社に比べ、回収額が高くなっているのです。

[PR]
交通事故弁護士無料相談ネクスパート

成功報酬は『20万円+回収額の10%』

「治療費」も解決事例の賠償額にプラスして金額を少しでも大きく見せようとしているのか。と納得した私でしたが、ふと疑問に思うことがありました。

それは、B社の弁護士費用が『20万円+回収額の10%』となっている点です。

解決事例の回収額に「治療費」も含まれているので、きっと治療費にも10%の弁護士費用がかかるんだろうな、という風に思ったのですが、それは正しいのか? と疑問に思いました。




治療費も意外と高額に

後遺障害認定される事案は通院期間も長く、意外と治療費がかかります。

50万円以上の治療費がかかるのも珍しくありません。

先のB社の解決事例には14級で150万円の治療費もありました。

治療費は実費での支払額ですので、弁護士が介入してもそう変わる金額ではありません。

その治療費にも10%の弁護士費用がかかるのはいいのか?と私個人としては少し疑問に思うところがありましたが、A社、B社の違いを見ると法律事務所も様々だなと感じました。と同時に、弁護士に依頼する際に確認しなければならない項目はまだまだあるなと感じました。




交通事故問題を相談できる法律事務所のご案内

交通事故問題を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

交通事故の弁護士費用の関連ページ

 交通事故の弁護士費用TOP
 交通事故ではなぜ着手金無料なのか
 交通事故どの法律事務所を選びますか?
 交通事故弁護士を解任するケース
 交通事故でみなし成功報酬を請求される場合
 交通事故に強い弁護士とは?
 交通事故で全国対応の法律事務所
 3つのタイプの交通事故の弁護士費用の比較
 解決したのに示談金が振り込まれない
 赤い本-民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準
 交通事故弁護士のイメージ調査結果
 交通事故の賠償金は増額できる?
 交通事故の後遺症慰謝料
 治療費にも弁護士費用が?
 交通事故問題を扱う法律事務所