売掛金を払ってくれない取引先に民事訴訟した場合の弁護士費用は、旧弁護士報酬規程では、500万円の回収で弁護士費用は、着手金34万円、報酬金68万円の合計102万円になります。

これは回収額の約20%ととなります。

回収額の20%は、過払い金返還請求の弁護士費用とほぼ同じです。

回収額が100万円なら、弁護士費用は、着手金10万円、報酬金16万円の合計26万円になります。

これは回収額の26%になります。

弁護士費用は回収額の2割~3割と考えておけばよいでしょう。

[PR]
ネクスパート離婚

刑事事件にならない

弁護士の売掛金回収のセミナーで面白いことを聞きました。

商品代金を払ってくれないだけでは、刑事事件にならないということです。

「今はお金がなくて払えない。」というような子供の言い訳のようなものでも、刑事事件にはならないということです。

最も、最初から払うつもりがない場合は、詐欺になるようですが、それでも告訴するにも弁護士に依頼すれば弁護士費用がかかります。

「売掛金は払わなくても刑事事件にならない。」というのは、よくよく考えればそうですが、意外な印象を受けました。

売掛金の回収で苦労しないためには、与信管理をしっかりと行う。

追加の与信枠を求めてきたら、社長の土地など担保をつけてもらう。

当たり前ですが、これしかないようです。

回収できない不良債権は数%

セミナーの続きですが、回収できない売掛金などの不良債権は、債権回収業者に譲ってもよくて数%だそうです。

100万円の債権でも売ると2万円とかにしかならないということです。

コンマ数%とというのもあるようです。

確かに、回収できない会社の再建ですからそれでもよければ数%にはなるんだ、と思いました。

[PR]
キャリア25年以上弁護士・川合晋太郎法律事務所

この記事が参考になれば幸いです。

今後とも弁護士費用の専門サイト「弁護士費用.com」をよろしくお願いします。

この記事がよかったら、ページの最後にある「いいね」ボタンのクリックをお願いします。

民事事件を相談できる法律事務所のご案内

民事事件を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

民事事件の弁護士費用関連ページ

 民事事件の弁護士費用の相場TOP
 民事事件の弁護士費用の早見表
 民事訴訟の旧報酬会規による弁護士費用
 民事弁護士費用(3分の2減額規定)
 民事訴訟の弁護士費用自動計算フォーム
 民事事件の示談交渉・調停の弁護士費用自動計算フォーム
 請求額と獲得額が異なる場合の民事事件の弁護士費用自動計算フォーム
 民事事件の弁護士費用計算で注意すること
 過払い金の着手金ゼロには注意
 民事事件の着手金が固定額の弁護士
 売掛金の回収の弁護士費用の計算
 情報商材詐欺の返金の弁護士費用の相場
 いきなり民事訴訟
 問題の多い過払い金返還請求
 為替デリバティブの弁護士費用は要注意
 為替デリバティブ被害の弁護士費用の種類
 10万円から100万円の民事訴訟の弁護士費用一覧
 100万円から1000万円の民事訴訟の弁護士費用一覧
 1100万円から2000万円の民事訴訟の弁護士費用一覧
 2100万円から3000万円の民事訴訟の弁護士費用一覧
 3200万円から5000万円の民事訴訟の弁護士費用一覧
 5500万円から1億円の民事訴訟の弁護士費用一覧
 1億5千万円から5億円の民事訴訟の弁護士費用一覧
 5億5千万円から10億円の民事訴訟の弁護士費用一覧
 民事事件を扱う法律事務所のご案内