最近の傾向としまして、過払い金返還請求の弁護士費用の表記が以前よりわかりやすくなってきましたので、このページの修正をしました。(2013.02.03)

以前は、過払い金返還請求も競争が激しく、過払い金返還は着手金ゼロで受けます。という法律事務所が多くありました。

ところが、確かに過払い金返還は着手金ゼロですが、ホームページをよく見ると、完済されている場合という注意書きがあり、完済されていない場合は、任意整理扱いで着手金が1社につき数万円かかっていました。

これはどういうことかというと、過払い金返還請求で着手金ゼロとなるケースは、債務残高ゼロ、つまり借金ゼロの人が対象ということで、借金が残っていれば、任意整理の中で過払い金返還を扱うということで、着手金がかかっていたのです。

ですから、過払い金を返還してもらえると思っていた人は、借金が残っていても着手金ゼロでやってもらえるんだと、勘違いするケースもありました。

[PR]
ネクスパート離婚

最近は、過払い金返還請求の競争も落ち着いてきて、過払い金返還請求の中で、借金が残っている人、借金残高ゼロの人と区別して、きちんと着手金を提示していますので、ずいぶんわかりやすくなりました。

しかしまだまだオプション費用などわかりにくい事務所もありますので、しっかり弁護士に費用のことはお聞きください。

送金管理費、口座管理費など毎月かかる費用がある弁護士もいます。

また、交通費がかかる場合もありますのでしっかり確認してください。

最後に過払い金返還請求では、全額返還されないケースが多いです。

これは、サラ金業者と和解して過払い金を返還してもらっているからです。

ですから、その法律事務所がどのような和解方針なのか、何割程度で和解しているのかなど1社ごと詳細にお聞きください。

[PR]
キャリア25年以上弁護士・川合晋太郎法律事務所

この記事が参考になれば幸いです。

今後とも弁護士費用の専門サイト「弁護士費用.com」をよろしくお願いします。

この記事がよかったら、ページの最後にある「いいね」ボタンのクリックをお願いします。

民事事件を相談できる法律事務所のご案内

民事事件を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

民事事件の弁護士費用関連ページ

 民事事件の弁護士費用の相場TOP
 民事事件の弁護士費用の早見表
 民事訴訟の旧報酬会規による弁護士費用
 民事弁護士費用(3分の2減額規定)
 民事訴訟の弁護士費用自動計算フォーム
 民事事件の示談交渉・調停の弁護士費用自動計算フォーム
 請求額と獲得額が異なる場合の民事事件の弁護士費用自動計算フォーム
 民事事件の弁護士費用計算で注意すること
 過払い金の着手金ゼロには注意
 民事事件の着手金が固定額の弁護士
 売掛金の回収の弁護士費用の計算
 情報商材詐欺の返金の弁護士費用の相場
 いきなり民事訴訟
 問題の多い過払い金返還請求
 為替デリバティブの弁護士費用は要注意
 為替デリバティブ被害の弁護士費用の種類
 10万円から100万円の民事訴訟の弁護士費用一覧
 100万円から1000万円の民事訴訟の弁護士費用一覧
 1100万円から2000万円の民事訴訟の弁護士費用一覧
 2100万円から3000万円の民事訴訟の弁護士費用一覧
 3200万円から5000万円の民事訴訟の弁護士費用一覧
 5500万円から1億円の民事訴訟の弁護士費用一覧
 1億5千万円から5億円の民事訴訟の弁護士費用一覧
 5億5千万円から10億円の民事訴訟の弁護士費用一覧
 民事事件を扱う法律事務所のご案内