問題の多い過払い金返還請求

あまりに債務整理関連で問題が多発したため、日弁連は2011年2月9日の臨時総会で、規程を決めました。
毎日新聞、朝日新聞など各紙で報道されていました。

2004年4月に弁護士報酬は自由化されていますので、法律事務所で自由に報酬を決めていいのですが、
あまりに高額な報酬をとっているケースもあり、苦情が多く、規程に動いたようです。




規程の内容

各紙の新聞記事を基に規程を見ますと、
債務整理に成功した場合の報酬金は業者1社あたり上限5万円、実際の金額は施行規則で原則2万円以下
元金を減額させた場合は減額分の10%以下
裁判で過払い金を取り戻した場合は過払い額の25%以下
となったようです。

規程は2011年4月からで、5年間の時限規程となるようです。




素朴な疑問点(2011年2月23日時点)

ネットで調べても和解で過払い金を取り戻した場合の上限額がわかりませんでした。
過払い金の返還では、法律事務所は手間のかかる訴訟は控える傾向で、和解が多く、和解の時の上限はどうなんだろうという素朴な疑問が残りました。

過払い金返還請求では、法律事務所のホームページの弁護士費用を見るとわかりますが、法律事務所は面倒な訴訟は控える傾向にあり、手っ取り早い和解が多くなってきています。
ですので、和解の場合の上限が気になるところです。

ただこのように規程が決まるということは、やはり問題が多く寄せられていたのだとはっきりしました。
弁護士に依頼する際は慎重にあなたにあった弁護士を選んでください。




民事事件を相談できる法律事務所のご案内

民事事件を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

民事事件の弁護士費用関連ページ

 民事事件の弁護士費用TOP
 民事事件の旧相場
 民事弁護士費用(3分の2減額)
 民事事件の示談交渉・調停の弁護士費用自動計算
 民事訴訟の弁護士費用自動計算
 民事の弁護士費用計算で注意すること
 過払い金の着手金ゼロには注意
 着手金が固定額の弁護士
 売掛金の回収
 いきなり民事訴訟
 過払い金で規程
 相続争いの弁護士費用
 為替デリバティブの弁護士費用は要注意
 為替デリバティブ被害の弁護士費用の種類