有罪率は99.9%

裁判確定人員の有罪率は99.9%です。
(平成21年版 犯罪白書のデータから計算)

しかし実刑といわれる身体が拘束される有罪は5.6%と低く、このことはあまり知られていません。
つまり有罪は有罪ですが、有罪の94.3%は身体が拘束されない罰金、執行猶予つきで、身柄が解放されるということです。

この犯罪白書から計算されるデータを頭に入れてください。
このデータから逮捕された場合の対処法がわかります。

[PR]
刑事事件川合

早く裁判をしてもらう

上記のデータからいえることは下記2点です。
1.起訴されれば99.9%は有罪
2.しかし実刑といわれる身体が拘束される有罪は5.6%

であれば、早期に身柄が解放されるにはどうしたらいいかというと、罪を犯しているのであれば、素直に自白し早く裁判をしてもらう方がよいということです。

やってないことを認めろとはいいません。
しかし、罪を犯しているのであれば、へたな言い逃れはせず、素直に罪を認め自白した方が得です。

不起訴(起訴猶予)が難しいと思われる状態になったら、早期に判決を得る方法を検討したほうがよいです。




否認はしない

早期に判決を得るには、否認はしないことです。
しつこいですが、やってもいないことを認めろといっているわけではないです。
やっているなら素直に犯行を自白した方がよいということです。

否認していれば、即決裁判、略式請求もできなくなりますし、保釈も認められにくくなります。
さらに裁判も長引きます。
刑事弁護士に相談し、早期に判決される方法を考えてもらいましょう。




刑事事件を相談できる法律事務所のご案内

刑事事件を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

刑事事件の弁護士費用関連ページ

 刑事事件弁護士費用
 刑事事件の相場
 犯罪白書
 弁護士費用の開き
 高額な刑事弁護士に注意
 刑事事件の弁護士費用自動計算(1)
 刑事事件の弁護士費用自動計算(2)
 着手金を支払う前の注意点
 50%以上は不起訴
 不起訴とは
 不起訴率
 主な犯罪の不起訴率
 処分保留で釈放とは
 保釈金の相場
 国選と私選どっちがいいの?
 着手金ゼロの弁護士
 報酬金なしの弁護士
 贖罪寄付とは
 99.9%有罪
 刑事事件の流れと弁護士費用
 刑事事件の示談金
 データで見る刑事事件
 痴漢の弁護士費用
 覚醒剤取締法違反で逮捕
 弁護士費用と成功報酬の総額の違い
 刑事事件の弁護士費用に注意
 刑事事件の保釈成功の弁護士費用
 刑事事件を扱う法律事務所のご案内