このページでは「土地の相続問題は、遺産分割協議の際ではなく、遺産分割が終わってから弁護士に依頼したほうが弁護士費用は得になる」に関して解説しています。




相続時に争う場合

仮に時価1億5千万円の土地の相続を兄弟3人で争っている。と仮定します。

長男は「両親と住んでいたその土地に住み続ける。土地は兄弟3人の共有名義にしよう。」と主張しています。

その代わり、地代は払うということです。

次男は、長男の言う通りでいいと言っています。

しかし三男は「地代とかいらないし、そんな自分が住んでもいない土地の共有持分もいらないから、その代わり自分の持ち分相当の5千万円を長男に払ってくれ」と長男に言い、相続問題が起こったとします。




相続時の弁護士費用

相続時に三男がこの問題を弁護士に依頼した場合の弁護士費用は、今でも多くの弁護士が使用している旧報酬規程ベースで計算すると、下記のようになります。

争っている額は、三男が相続予定の時価5千万円の土地の持分

これを長男に買い取らせることができた場合の弁護士費用は、合計 657万円。
(内訳:着手金:219万円、報酬金:438万円)




相続時に争わない場合

相続時には争わず、長男の言うとおりに兄弟3人でそれぞれ3分の1ずつの持ち分でいったん土地を共有名義で相続。

その後、三男が長男に、自分の土地の持分を買い取ってもらいたい、という「共有物分割請求訴訟」を起こし、自分の持ち分を長男に買い取らせることも可能。

相続後の弁護士費用

相続後に「共有物分割請求訴訟」を弁護士に依頼した際の弁護士費用は、下記の通りとなります。

争っている額は、三男が所有している時価5千万円の土地の持分

これを長男に買い取らせることができた場合の弁護士費用は、合計 約277万円。
(内訳:着手金:約92万円、報酬金:約185万円)

相続前と後の弁護士費用の差

つまり、相続の際に争えば、657万円の弁護士費用がかかるが、共有名義として相続した後に依頼すると、約277万円で済むことになります。

相続前)657万円 → 相続後)約277万円

弁護士費用が安くなる理由

相続の前と後で弁護士費用が安くなる理由は、「共有物分割請求事件は、対象となる持分の時価の三分の一の額」とするという旧報酬基準のルールがあるためです。

このため、同じ5千万円の持ち分を争っていても、相続前はそのまま5千万円の相続問題として弁護士費用を計算されますが、相続後の共有物分割請求事件では5千万円の三分の一、約1667万円として弁護士費用が計算されます。

この差が、相続前と相続後でも弁護士費用の差につながるのです。

裏技は動画でも解説しています

【相続の裏技】土地の相続問題は後から弁護士に依頼したほうが得は、動画でも解説しています。

下記の動画をご覧ください。

ご注意

以上は計算上の話です。

ですから、担当弁護士にメリット・デメリットを詳しくお聞きください。

相続問題を相談できる法律事務所のご案内

相続問題を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

相続問題関連ページ一覧

 相続弁護士費用トップ
 遺産分割調停の3分の1は1,000万円以下
 旧報酬規定タイプの相続弁護士費用の自動計算
 3分の2減額規定の相続弁護士費用の自動計算
 新タイプの相続弁護士費用の自動計算
 相続分の時価相当額の三分の一の額の規定
 生命保険金と相続財産
 【配偶者の税額の軽減】制度、1億6千万円まで相続税は無税
 特別受益になる場合ならない場合
 着手金なし・ゼロの弁護士費用比較
 相続の弁護士費用を大幅に下げることができた方法(1)
 相続の弁護士費用を大幅に下げることができた方法(2)
 相続の弁護士費用を大幅に下げることができた方法(3)
 遺言書作成と弁護士費用の相場
 遺言執行の弁護士費用の相場
 遺産総額10億円の相続争いの弁護士費用
 共有不動産の持分は勝手に売却されてしまいます
 【相続の裏技】土地の相続問題は後から弁護士に依頼したほうが得
 いまの時代『占有屋』はいませんから競売も市場価格に近い値で落札されています
 相続の弁護士費用の新旧イメージ調査結果
 相続問題どの法律事務所を選びますか?
 共有不動産などに関するアンケート調査結果
 相続問題を扱う法律事務所のご案内