生命保険金と相続財産

生命保険金の受取人が本人でない場合は、生命保険金は相続財産とはなりません。
例えば、父親が自宅不動産、山林、株券、預金など総額1億円の遺産を残した亡くなったとします。
相続人は妻と長男、次男の子ども2人の合計3人だけだとします。
この状況で、長男を受取人として300万円の生命保険に入っていたとします。
この場合、300万円は長男が受け取り遺産分割の対象とはなりません。

しかし、受取人が父親本人の場合は、相続財産として遺産分割されることになります。
例えば、300万円の生命保険金の受取人が父親本人の場合は、
1億円プラス300万円の合計1億300万円が遺産分割の対象となります。

このように、受取人が誰であるかで生命保険金が相続財産となるかどうかが分かれます。
ただし、特定の相続人を受取人とした生命保険金も特別受益として遺産分割の対象となることもあります。
それは、下記次項で説明いたします。


[PR]
相続ネクスパート

生命保険金が特別受益と認められる場合

特別受益とは生前贈与のようなもので、特定の相続人に多額の贈与をしていた場合など相続人の間で不公平が生じます。
そのため、それは特別受益として、相続財産として遺産分割の対象にしましょうというものです。

先の例では、父親は保険料を支払い長男のために死亡保険が300万円の生命保険に加入してたのです。
これは生前贈与に当たるのではないか?というのですが、
この場合は、遺産1億円に対して、生命保険金が300万円と小額でしたので、特別受益に当たらないと考えられます。
ただし、これが生命保険金が5000万円とかになると話は違ってきます。
相続人間で著しい不公平があるとなり、特別受益とみなされる可能性があります。




特別受益に該当する例、しない例

特別受益に当たらなかった例としては、
遺産約5300万円に対して生命保険金約800万円を受け取っていたケースで、
特別受益とは認められなかった判例があります。

特別受益に当たる例としては、
遺産約8400万円に対して生命保険金5100万円というケースがあります。

どちらも庶民にとってはかなりな高額ですが、
特別受益に該当するかしないかとなると、遺産に対する生命保険金の比率、
保険金の額が重要になってくるようです。
喪主をつとめてくれるであろう長男に300万円程度の生命保険金を残してあげる。
などというのは、あまり気にする必要はないのかもしれません。




相続問題を相談できる法律事務所のご案内

相続問題を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

相続問題関連ページ一覧

 相続弁護士費用トップ
 旧報酬規定タイプの相続弁護士費用の自動計算
 3分の2減額規定の相続弁護士費用の自動計算
 新タイプの相続弁護士費用の自動計算
 相続分の時価相当額の三分の一の額の規定
 生命保険金と相続財産
 特別受益になる場合ならない場合
 着手金なし・ゼロの弁護士費用比較
 相続の弁護士費用を大幅に下げることができた方法(1)
 相続の弁護士費用を大幅に下げることができた方法(2)
 相続の弁護士費用を大幅に下げることができた方法(3)
 遺言書作成と弁護士費用の相場
 遺言執行の弁護士費用の相場
 遺産総額10億円の相続争いの弁護士費用
 相続の弁護士費用の新旧イメージ調査結果
 相続問題どの法律事務所を選びますか?
 共有不動産などに関するアンケート調査結果
 相続問題を扱う法律事務所のご案内