遺産に土地や建物があり、売却して清算することができないのであれば、代償分割した方がよいかと思います。
このページでは、その理由について解説します。

代償分割とは

代償分割とは、相続人の誰かが遺産を相続し、その代わりに他の相続人に代償金を支払う遺産分割方法のことです。
例えば3,000万円の土地を兄弟3人で相続する場合、基本的には下図のように3分の1ずつの持分で共同所有という形で相続することになります。

しかしそれではお金が手元に入らないので、B,Cは土地を売却してお金を兄弟3人で分けようと長男のAに提案しました。

長男Aは両親とこの土地にもともと住んでいて、売却には反対です。

そこで長男は「土地は単独名義で俺が相続する。その代わりにB,Cには代償金として1千万円を支払う」といいました。

これが代償分割です。
代償分割の例

なぜ代償分割がいいのか

土地や建物を共有名義のまま相続してしまうと、あとあと問題が起こる可能性があります。

例えば、先の例の土地を兄弟3人で持分3分の1ずつで相続したとします。
その後、Cはお金に困り、自分の持分を第三者に販売してしまいました。ということが起こる可能性があるからです。
共有持分売却

仮にこの土地の上に長男のAが住んでいると、Aは共有持分を買い取ったZとから共有物分割請求をされる可能性が高くなり、不安定な状態で生活しなければならなくなります。

このような事態を防ぐためにも土地・建物などは売却して清算することができないのであれば代償分割し、相続人の誰かの単独名義にした方がよいのです。

共有物分割請求に関しては「共有不動産の持分は勝手に売却できる」を参照ください。

相続問題を相談できる法律事務所のご案内

相続問題を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

相続問題関連ページ一覧

 相続問題の弁護士費用のトップ
 遺産分割調停の弁護士費用100社調査結果
 遺産分割調停の3分の1は1,000万円以下
 相続(遺産分割)問題の新旧タイプの弁護士費用の計算方法
 相続問題の弁護士費用の自動計算フォーム(新タイプ)
 旧報酬規定タイプの相続問題の弁護士費用の自動計算フォーム
 3分の1とする場合の相続問題の弁護士費用の自動計算フォーム
 遺言執行の弁護士費用の自動計算フォーム
 遺言書作成の弁護士費用の自動計算フォーム
 相続分の時価相当額の三分の一の額の規定
 生命保険金と相続財産
 【配偶者の税額の軽減】制度、1億6千万円まで相続税は無税
 特別受益になる場合ならない場合
 着手金なし・ゼロの弁護士費用比較
 相続の弁護士費用を大幅に下げることができた方法(1)
 相続の弁護士費用を大幅に下げることができた方法(2)
 相続の弁護士費用を大幅に下げることができた方法(3)
 遺言書作成の弁護士費用の相場
 遺言執行の弁護士費用の相場
 遺産総額10億円の相続争いの弁護士費用
 共有不動産の持分は勝手に売却されてしまいます
 【相続の裏技】土地の相続問題は後から弁護士に依頼したほうが得
 いまの時代『占有屋』はいませんから競売も市場価格に近い値で落札されています
 相続の弁護士費用の新旧イメージ調査結果
 相続問題どの法律事務所を選びますか?
 共有不動産などに関するアンケート調査結果
 相続問題を扱う法律事務所のご案内