以前、離婚の弁護士費用は地域で異なるのか? という疑問が沸きあがり、全国の法律事務所のホームページを調べたことがあります。
(詳しくは『【2020年】離婚の弁護士費用の全国ランキング』をご覧ください)

今回は、日本一離婚の弁護士費用が高い弁護士はいくらぐらいか調べてみましたので、このページでご報告いたします。

弁護士費用は自由価格です

まず初めに誤解のないように説明いたします。

弁護士費用は自由価格です。

各法律事務所で自由に決めてよいこととなっています。

ですから、相場よりも高い弁護士もいれば、安い弁護士もいます。

それはその弁護士や法律事務所の方針だと思いますので、弁護士費用が相場よりも高いということが違法ということはありません。

その点をご理解ください。

1位は離婚調停230万円、離婚裁判300万円

私がネットで調べた限りでは、一番高かった弁護士は、離婚調停で230万円でした。

離婚調停:着手金180万円、報酬金50万円+経済的利益の10%

離婚裁判:着手金240万円、報酬金60万円+経済的利益の10%

着手金の方に比重がかかっていることがわかります。

2位は離婚調停160万円、離婚裁判200万円

2位の弁護士は、離婚調停で160万円でした。

離婚調停:着手金80万円、報酬金80万円+経済的利益の10%

離婚裁判:着手金100万円、報酬金100万円+経済的利益の10%

こちらの弁護士は、1位の弁護士とは異なり、着手金と報酬金が同額というオーソドックスな弁護士費用体系となっていました。

全国平均は58.0万円

【2020年】離婚の弁護士費用の全国ランキング』では、離婚調停の全国平均は58.0万円でした。

東京は全国で一番高く、68.1万円でした。

2位横浜66.2万円と、人口が多い都市の弁護士費用が高い傾向にあります。

よく価格に関しては『需要と供給』できまる。などと言われていますが、弁護士費用の場合、弁護士が多くいるから弁護士費用が安くなるということはないようです。

離婚問題を相談できる法律事務所のご案内

離婚問題を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

離婚の弁護士費用関連ページ

オススメ記事

 離婚調停・裁判の期間と離婚成立のパーセント
 離婚の弁護士費用の相場
 協議離婚の弁護士費用の計算方法
 【2020年】離婚の弁護士費用の全国ランキング

離婚と弁護士費用

 離婚の弁護士費用TOP
 離婚の弁護士費用の相場
 協議離婚の弁護士費用の計算方法
 離婚の弁護士費用の自動計算フォーム
 【2020年】離婚の弁護士費用の全国ランキング
 離婚の弁護士費用 全国ランキング【2011年】
 日本一高い離婚弁護士はいくら?
 離婚の弁護士費用を安くする方法
 離婚の弁護士費用の旧相場
 離婚の弁護士費用を立て替えてもらいたい
 離婚に強い弁護士のウソ、ホント
 払った着手金は戻ってくるか

離婚の基礎知識

 離婚の種類
 離婚調停の回数
 離婚裁判の判決までの期間は17.8ヶ月【令和元年版】
 離婚裁判の審理期間
 離婚協議書(離婚公正証書とする)
 離婚原因の第一位は「性格の不一致」
 性格の不一致だけで離婚は可能か?
 離婚したら連帯保証人から外れるか?
 妻(未届)と内縁の妻
 死亡退職金は内縁の妻か戸籍上の妻か?
 妻が通帳を持って家を出て行ってしまったら?

離婚と財産分与

 離婚と財産分与
 財産分与の相場
 財産分与に税金はかかるか?
 特有財産は財産分与の対象とならない

離婚の慰謝料と養育費

 離婚慰謝料の相場
 養育費と弁護士費用
 養育費の相場
 養育費と給与の差し押さえ

離婚その他

 離婚と婚姻費用
 男女の法律問題に関するイメージ調査
 男女の法律問題に関するイメージ調査(2)
 離婚問題を扱う法律事務所のご案内