(※このページは2019年10月16日に更新されました)
特有財産は「夫婦のどちらか一方のもの」とされる財産のことで、共有財産とは違い、財産分与の対象とはなりません。

ここでは、どのような財産が特有財産となるのかなどを解説しています。




特有財産とは

特有財産とは、「夫婦のどちらか一方のもの」とされる財産のことです。

特有財産の具体例
・結婚前に貯えた預金
・結婚前に買っていた株・FX・ビットコインなど
・親などからもらった財産




特有財産と財産分与

財産分与
特有財産 財産分与の対象とならない
共有財産 財産分与の対象となる

つまり、特有財産は「妻のものは妻のもの」「夫のものは夫のもの」ということで、離婚の際に相手に取られることはありません。




宝くじの当せん金の場合

特有財産で購入し、当選金を共有財産と別管理している場合は、特有財産となる可能性は高いです。

しかし、購入資金が共有財産であれば、共有財産となる可能性が高く、当選金を夫婦で管理する通帳などに入金した場合も、共有財産となる可能性が高いです。

ですから、宝くじを特有財産で買った証拠を残しておく、当選金は特有財産を管理する口座に入金する、など明確に共有財産と分けておく必要があります。

株・ビットコイン・FXなどの利益の場合

・特有財産を元手に購入
・共有財産と別口座で管理(A証券、B証券など)
・完全に個人で運用(配偶者の助言などない)
上記の場合、特有財産となる可能性が高いです。

しかし、こちらも宝くじと同じように「共有財産とは完全に別管理しておく」必要があります。

お金に色を付ける

お金に色はありませんので、特有財産と共有財産の区別がつかなくなるわけですから、特有財産には色を付けておく必要があります。

ですから、「特有財産を管理している口座を、夫婦の共有財産を管理している口座と明確に分ける」「特有財産を管理している口座の入出金を明確につけておく」必要があるかと思います。

間違ってもへそくりなどを特有財産の口座に入金しないようにしてください。

離婚問題を相談できる法律事務所のご案内

離婚問題を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

離婚の弁護士費用関連ページ

離婚と弁護士費用

 離婚の弁護士費用TOP
 離婚の弁護士費用の相場
 離婚の弁護士費用自動計算
 離婚の弁護士費用 全国ランキング
 日本一高い離婚弁護士はいくら?
 離婚の弁護士費用を安くする方法
 離婚の弁護士費用の旧相場
 離婚の弁護士費用を立て替えてもらいたい
 離婚に強い弁護士のウソ、ホント
 払った着手金は戻ってくるか

離婚の基礎知識

 離婚の種類
 離婚調停の回数
 離婚裁判の審理期間
 離婚協議書(離婚公正証書とする)>
 離婚原因の第一位は「性格の不一致」
 性格の不一致だけで離婚は可能か?
 離婚したら連帯保証人から外れるか?
 妻(未届)と内縁の妻
 死亡退職金は内縁の妻か戸籍上の妻か?
 妻が通帳を持って家を出て行ってしまったら?

離婚と財産分与

 離婚と財産分与
 財産分与の相場
 財産分与に税金はかかるか?
 特有財産は財産分与の対象とならない

離婚の慰謝料と養育費

 離婚慰謝料の相場
 養育費と弁護士費用
 養育費の相場
 養育費と給与の差し押さえ

離婚その他

 離婚と婚姻費用
 男女の法律問題に関するイメージ調査
 男女の法律問題に関するイメージ調査(2)
 離婚問題を扱う法律事務所のご案内