離婚理由が性格の不一致だけで離婚できるか

司法統計データ(家事23年度)では、離婚理由の第一位は「性格が合わない」つまり「性格の不一致」でした。
そこでこのページでは「性格の不一致で離婚可能か」ということに関して調べてみました。


[PR]
離婚ネクスパート

法定離婚原因

離婚裁判では、法定離婚原因が必要となります。具体的には下記の民法第770条になります。
第770条
夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
2 裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

この法定離婚原因ですが、これは離婚裁判を起こす時に必要な理由になります。
離婚の90%は協議離婚ですから、協議離婚ではこれら理由は必要ありません。
離婚調停でもこれら法定離婚原因は必要ありません。
つまり、協議離婚、調停離婚なら法定離婚原因は必要ないということになります。
ですから、性格の不一致だけでも離婚は可能なのです。

ただし、離婚裁判を起こす場合には法定離婚原因が必要になります。
しかし、離婚の場合、協議離婚が全体の90%、調停離婚が8%、裁判離婚が1%です。
ですから法定離婚原因は、たった1%の離婚裁判の話なのです。
(離婚裁判では91%が離婚を認められています。詳しくは離婚裁判の審理期間をご覧ください)

また、離婚裁判を起こすには、離婚協議で合意できず、
離婚調停でも合意できないときに離婚裁判を起こせるのですから、
法定離婚原因の第五号にあるように
「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」に該当する理由を探すのは難しくないと思います。

相談者が「性格の不一致」と思っていても、
それが原因で口げんかが絶えない、別居した、給料を家計に入れてくれなかった、
など個々の出来事で、離婚原因は考えられると思います。
交渉ごとの専門家の弁護士に相談すれば、よい解決法が見つかるでしょう。
相性の合う良い弁護士を探してください。




離婚問題を相談できる法律事務所のご案内

離婚問題を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

離婚の弁護士費用関連ページ

離婚と弁護士費用

 離婚の弁護士費用TOP
 離婚の弁護士費用の相場
 離婚の弁護士費用自動計算
 離婚の弁護士費用 全国ランキング
 離婚の弁護士費用を安くする方法
 離婚の弁護士費用の旧相場
 離婚の弁護士費用を立て替えてもらいたい
 離婚に強い弁護士のウソ、ホント
 払った着手金は戻ってくるか

離婚の基礎知識

 離婚の種類
 離婚調停の回数
 離婚裁判の審理期間
 離婚協議書(離婚公正証書とする)>
 離婚原因の第一位は「性格の不一致」
 性格の不一致だけで離婚は可能か?
 離婚したら連帯保証人から外れるか?
 妻(未届)と内縁の妻
 死亡退職金は内縁の妻か戸籍上の妻か?
 妻が通帳を持って家を出て行ってしまったら?

離婚と財産分与

 離婚と財産分与
 財産分与の相場
 財産分与に税金はかかるか?

離婚の慰謝料と養育費

 離婚慰謝料の相場
 養育費と弁護士費用
 養育費の相場
 養育費と給与の差し押さえ

離婚その他

 男女の法律問題に関するイメージ調査
 男女の法律問題に関するイメージ調査(2)
 離婚問題を扱う法律事務所のご案内