離婚の弁護士費用を抑える方法

離婚の弁護士費用の相場は50万円です。
離婚の弁護士費用を抑えるのなら、弁護士の有料法律相談を活用するのが賢い方法です。


[PR]
離婚ネクスパート

なぜ離婚で有料の法律相談を活用するのか

離婚に限らず民事でも訴える側と訴えられる側では、一般に訴える側の方が費用がかかります。
なぜなら訴える側は、理由を証明する必要があるからです。
離婚の場合も、自分から仕掛けるより、相手から仕掛けられて方が、費用の面を考えれば、安くすみます。

ですから、弁護士に離婚協議を依頼するのではなく、離婚協議を起こされたら、弁護士に相談して、
対応すればよいのです。

そうすれば、こちらは弁護士に離婚協議を依頼することなく、相手の出かたでその都度弁護士に相談すれば足ります。

弁護士の有料相談料の相場は、1時間1万円ですので、
その都度、弁護士に相談しても1時間1万円ですみます。
離婚調停を起こされても、離婚調停は数回ですので、仮に6回調停があっても、
6回弁護士に相談すればよいだけなので、1万円×6回=6万円ですみます。

これが自分から離婚調停を起こせば、素人が調停を起こすのは大変で、
弁護士に依頼しなければなりません。
そうなると50万円くらいかかってしまいます。

離婚調停を起こさせれば、起こさされた側は、弁護士を立てなくても、
調停に出席すればよいので、安くすみます。

離婚で弁護士費用を安く抑えたければ、
相手に離婚協議、離婚調停を起こさせる方が、得になります。




離婚問題を相談できる法律事務所のご案内

離婚問題を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

離婚の弁護士費用関連ページ

離婚と弁護士費用

 離婚の弁護士費用TOP
 離婚の弁護士費用の相場
 離婚の弁護士費用自動計算
 離婚の弁護士費用 全国ランキング
 離婚の弁護士費用を安くする方法
 離婚の弁護士費用の旧相場
 離婚の弁護士費用を立て替えてもらいたい
 離婚に強い弁護士のウソ、ホント
 払った着手金は戻ってくるか

離婚の基礎知識

 離婚の種類
 離婚調停の回数
 離婚裁判の審理期間
 離婚協議書(離婚公正証書とする)>
 離婚原因の第一位は「性格の不一致」
 性格の不一致だけで離婚は可能か?
 離婚したら連帯保証人から外れるか?
 妻(未届)と内縁の妻
 死亡退職金は内縁の妻か戸籍上の妻か?
 妻が通帳を持って家を出て行ってしまったら?

離婚と財産分与

 離婚と財産分与
 財産分与の相場
 財産分与に税金はかかるか?

離婚の慰謝料と養育費

 離婚慰謝料の相場
 養育費と弁護士費用
 養育費の相場
 養育費と給与の差し押さえ

離婚その他

 男女の法律問題に関するイメージ調査
 男女の法律問題に関するイメージ調査(2)
 離婚問題を扱う法律事務所のご案内