離婚理由の第一位

司法統計データ(家事23年度)から離婚原因を調べてみました。
司法統計には「婚姻関係事件数 申立ての動機別申立人別 全家庭裁判所」というデータがあります。
このデータから離婚調停の申立人の動機、つまり離婚したい原因がわかります。
それによると、離婚申立ての原因の第一位は「性格が合わない」つまり「性格の不一致」でした。
2位以下は夫と妻側では離婚原因の順位は異なりますので、詳細を下記で見てみたいと思います。
「性格の不一致で離婚できるの?」と思った方は、性格の不一致だけで離婚可能かもご覧ください。


[PR]
離婚ネクスパート

離婚原因の男女比較

夫が離婚したい原因(重複解答)
申立人総数:18641(100%)
1.性格が合わない:11277(60%)
2.異性関係:3193(17%)
3.家族親族との折り合いが悪い:2917(16%)
4.精神的に虐待する:2632(14%)
5.異常性格:2505(13%)
6.性的不調和:2394(13%)
7.浪費する:2336(13%)

夫が離婚したい原因の上位7位は上記の通りです。
「性格が合わない」を理由に挙げた夫は半数を超えています。
次が「異性関係」つまり不倫問題と思われますが、性格の不一致から大きく下がり17%ほどです。
3位の「家族親族との折り合いが悪い」は、夫の離婚原因の特徴のような気がします。

妻が離婚したい原因(重複解答)
申立人総数:49138(100%)
1.性格が合わない:21446(44%)
2.暴力を振るう:14167(29%)
3.生活費を渡さない:12431(25%)
4.精神的に虐待する:12086(25%)
5.異性問題:11515(23%)
6.浪費する:6920(14%)
7.家庭を捨てて省みない:5677(12%)

妻が離婚したい原因の上位7位は上記の通りです。
「性格が合わない」が第1位なのは同じですが、夫の60%に対し、妻は44%と半数を切っています。
第2位に「暴力を振るう」、第4位「精神的に虐待する」といういわゆるDV(ドメスティックバイオレンス)が入っています。
また3位は「生活費を渡さな」というように、妻の離婚原因は切実だと思われます。

異性問題が上位に来るかと思いましたが、夫の方は3位ですが、妻は5位と離婚原因としては、
あまり高くないような気がします。

このページは離婚を考えている方も読んでいるかと思いますので、
離婚原因の第1位の性格が合わないという理由で離婚できるのか?という疑問について話したいと思います。
離婚の90%は協議離婚です。お互い協議して離婚するのですから、理由はなんでも構いません。
しかし離婚調停になるとそうはいきません。あまりにもくだらない理由だと受け付けてくれません。
ですから、ふざけた理由ではダメです。
性格の不一致ですが、性格が合わない二人が生活していれば、
それが原因で口げんかになったり、何かトラブルはつきものだと思います。
そういう事柄を細かくチェックしておくとよいかと思います。
弁護士もプロですから、その中からきちんとした理由を見つけてくれると思います。




離婚問題を相談できる法律事務所のご案内

離婚問題を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

離婚の弁護士費用関連ページ

離婚と弁護士費用

 離婚の弁護士費用TOP
 離婚の弁護士費用の相場
 離婚の弁護士費用自動計算
 離婚の弁護士費用 全国ランキング
 離婚の弁護士費用を安くする方法
 離婚の弁護士費用の旧相場
 離婚の弁護士費用を立て替えてもらいたい
 離婚に強い弁護士のウソ、ホント
 払った着手金は戻ってくるか

離婚の基礎知識

 離婚の種類
 離婚調停の回数
 離婚裁判の審理期間
 離婚協議書(離婚公正証書とする)>
 離婚原因の第一位は「性格の不一致」
 性格の不一致だけで離婚は可能か?
 離婚したら連帯保証人から外れるか?
 妻(未届)と内縁の妻
 死亡退職金は内縁の妻か戸籍上の妻か?
 妻が通帳を持って家を出て行ってしまったら?

離婚と財産分与

 離婚と財産分与
 財産分与の相場
 財産分与に税金はかかるか?

離婚の慰謝料と養育費

 離婚慰謝料の相場
 養育費と弁護士費用
 養育費の相場
 養育費と給与の差し押さえ

離婚その他

 男女の法律問題に関するイメージ調査
 男女の法律問題に関するイメージ調査(2)
 離婚問題を扱う法律事務所のご案内