慰謝料とは、精神的苦痛に対する損害賠償のことです。

慰謝料の額は、婚姻期間の長さや相手にどの程度の精神的苦痛を与えたかによって変わってきますので、ケースバイケースです。

ただし、このサイトは金額を明示し、わかりやすくあらわすことを目的にしていますので、きちんと明示します。

一般的な場合は、おおよそ100万円~500万円が相場になります。

[PR]
ネクスパート離婚

慰謝料が減額される?

慰謝料を請求するほうは相手が100%悪いと決め付けて請求しますが、調停や裁判になると相手も反論してきます。

ですから1000万円の慰謝料を要求して、200万円の判決ということもあります。

ただこれは離婚調停や離婚裁判でのことで、協議離婚、和解の話とは少し違います。

離婚調停や離婚裁判などの場では、相場から判断して慰謝料の金額が算出されます。

その場合、相手の社会的地位や財産などが多少加味されるかもしれませんが、同じ不倫をして同じように離婚した人の慰謝料が、離婚裁判において、お金持ちは高く、一般人は安いというのでは、おかしな話になります。

ですからお金持ちも一般人も相場を基準に判決がでることになります。

財産分与は別ですよ。財産分与は資産が多くあるほうが多くもらえます。

しかし世の中には、協議離婚で多額の慰謝料を払ったらしいという話はよく聞きます。

相手が有名人であったり、社会的地位が高い場合は、離婚調停や離婚裁判に持ち込まれたくないために、多額の要求を呑むことがあります。

テレビでも有名人が何か問題を起こして、相場よりもかなり高い慰謝料を払って示談した。

というような話を聞いたことがあると思いますが、それです。

もちろんこれは特殊な事例ですが、争いごとは長引かせないのが、両者にとっての賢い選択になります。

協議離婚で、多少、色をつけて慰謝料を提示されたとしたら、弁護士とよく相談し、解決してください。

協議が長引いて得をする方はいません。

弁護士は弁護士費用が増えるので多少、得をするかもしれませんが、早く解決し相談者を早くトラブルから開放し、喜んでいただきたいと思っているはずです。

よい弁護士に相談してください。

[PR]
キャリア25年以上の弁護士・川合晋太郎法律事務所

離婚問題を相談できる法律事務所のご案内

離婚問題を扱う法律事務所をご案内しています。
私が実際にお会いしている法律事務所ですので、安心してご相談できると思います。
法律事務所一覧

離婚の弁護士費用関連ページ

離婚と弁護士費用

 離婚の弁護士費用の相場TOP
 市民のための弁護士報酬による離婚の弁護士費用の相場
 協議離婚の弁護士費用の計算方法
 離婚の弁護士費用の自動計算フォーム
 【2020年】離婚の弁護士費用の全国ランキング
 【2011年】離婚の弁護士費用 全国ランキング
 日本一高い離婚弁護士はいくら?
 離婚の弁護士費用を安くする方法
 離婚の弁護士費用の旧相場
 離婚の弁護士費用を立て替えてもらいたい
 離婚に強い弁護士のウソ、ホント
 払った着手金は戻ってくるか

離婚の基礎知識

 離婚の90%は協議離婚です
 離婚調停・裁判の期間と離婚成立のパーセント
 離婚調停の回数
 離婚裁判の判決までの期間は17.8ヶ月【令和元年版】
 離婚裁判の平均審理期間は10.7ヶ月
 離婚協議書は公正証書に
 離婚原因の第一位は「性格の不一致」
 性格の不一致だけで離婚は可能か?
 離婚したら連帯保証人から外れるか?
 妻(未届)と内縁の妻の権利
 死亡退職金は内縁の妻か戸籍上の妻か?
 妻が通帳を持って家を出て行ってしまったら?

離婚と財産分与

 財産分与とは
 調停離婚からみる財産分与の相場
 財産分与に税金はかかるか?
 特有財産は財産分与の対象とならない

離婚の慰謝料と養育費

 離婚慰謝料の相場
 養育費と弁護士費用
 養育費の相場
 養育費の不払いと給与の差し押さえ

離婚その他

 離婚と婚姻費用
 男女の法律問題に関するイメージ調査(1)
 男女の法律問題に関するイメージ調査(2)
 離婚問題を扱う法律事務所のご案内